QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
図書館ボランティア「小荷駄のみどりから…」
オーナーへメッセージ

2018年09月18日

2018年2-3月の市民講座のご報告!


図書館と図書館ボランティア「小荷駄のみどりから…」の共催による恒例の市民講座のレポートです。


2018年2月24日(土)には、認定NPO法人山形国際ドキュメンタリー映画祭事務局の黄木優寿氏に「ドキュメンタリー映画祭と映画あそびの現場から」と題してお話しいただきました。

黄木さんは映像作家として活動する傍ら、各地で子どもたちを対象とした映像作りのワークショップを開催しておられます。
今回の講演では、その様子を映像で紹介いただくとともに、子どもたちが作った映像作品を披露していただきました。
コマ撮りの画像をパラパラ漫画の技法で映画化した作品には、映画の“魔法”を手にした子どもたちが生き生きと創造する姿が映し出されていました。



3月17日(日)には、一昨年『キャバレーに花束を~小姓町 ソシュウの物語~』を出版された渡辺大輔氏に、「キャバレーはよみがえる」と題した講演をしていただきました。

37歳の渡辺さんは、山形南高校から大阪芸術大学を経て小姓町に居酒屋「記念日」を開店するまでのご自身の来歴を、やや斜に構えて語りながら、新しいキャバレーを創ることで「夜の楽しさで東京に勝ちたい。勝負をしたい。」、「ソシュウ」の時代を“あの頃はよかった”と懐かしむのではなく、「我々が生きているこの時代を自慢できる人になりたい。そう期待して、今の人を焚き付けるためにこの本を書いた。」と熱く語ってくださいました。



同じカテゴリー(市民講座)の記事画像
市民講座のお知らせ
第11回小荷駄のみどり出版文化賞決定!
市民講座「山形で児童書の翻訳を仕事にするということ」
市民講座 「地方都市を考える」
市民講座のお知らせ/街と人をつなぐアートの本
市民講座「月刊山形ZERO23」取材日記から
同じカテゴリー(市民講座)の記事
 市民講座のお知らせ (2018-01-27 12:58)
 第11回小荷駄のみどり出版文化賞決定! (2017-04-29 09:38)
 市民講座「山形で児童書の翻訳を仕事にするということ」 (2016-02-16 01:26)
 市民講座 「地方都市を考える」 (2016-01-17 11:20)
 市民講座のお知らせ/街と人をつなぐアートの本 (2015-02-19 15:41)
 市民講座「月刊山形ZERO23」取材日記から (2014-01-25 17:17)

Posted by 図書館ボランティア「小荷駄のみどりから…」 at 15:49│Comments(0)市民講座イベント開催報告
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。