QRコード
QRCODE
庄内・村山・新庄・置賜の情報はコチラ!

山形情報ガイド・んだ!ブログ

アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人
プロフィール
図書館ボランティア「小荷駄のみどりから…」
オーナーへメッセージ

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by んだ!ブログ運営事務局 at

2015年11月09日

読書の秋、本のおしゃべりも楽しみませんか~こにだブックトークを開催します


お気に入りの本を紹介しあう、
こにだブックトークを開催します。


読書の秋、いかがお過ごしになりましたか?
好きな本を片手に、本の雑談を楽しみましょう。
話を聞くだけの参加も大歓迎です。

日時:2015年11月29日(日) 午前10時30分~正午
場所:山形市立図書館本館・2階講座室
     山形市小荷駄7-12


参加費:無料 
人数:10名前後(本の紹介者)+聞くだけ参加者
申し込み先:山形市立図書館カウンターまたは☎624-0822
      Email:konidanomidorikara@gmail.com
      →お名前と本の紹介の有無をお知らせください

◆こにだブックトークって?
自分のお気に入り本をお互いに紹介しあいます。
本についてのおしゃべりを楽しむ会です。
お薦め本は1冊でも2-3冊でもOKです。
山形市立図書館で借りることができる本やお手持ちの中から、お薦めを教えてください!
また、本の紹介はせずに聞くだけという方のご参加も大歓迎です。

◆どのように会を進めるのですか?
ひとり5分前後で、お薦め本を紹介していただきます(ex.本と出会った経緯、簡単な内容、いいな思った点等)。その後、質問、感想等をやりとりします。


前回の様子もブログで紹介しています。
左のメニューから「こにだブックトーク」を選択し、ご覧ください!

  


Posted by 図書館ボランティア「小荷駄のみどりから…」 at 21:00Comments(0)イベントのお知らせ

2015年11月04日

鶴岡への日帰り視察研修旅行


山形市立図書館ボランティア“小荷駄のみどりから・・・”では、会員の親睦と勉強を兼ねて、
1年に1度、近県や県内の公共図書館等を訪ねる日帰り視察旅行を行っています。


今年は10月15日(木)に、開館100年という長い歴史を持つ鶴岡市立図書館を、会員15名と市立図書館職員1名の総勢16名で訪ねました。



鶴岡市立図書館訪問に先だって、せっかく鶴岡に来たのでということで、
・藤沢周平記念館
・即身仏のおられる南岳寺

を見学しました。



藤沢周平記念館では「海坂藩のふるさと」という開館5周年企画展が展示されており、藤沢文学の核とも言える「海坂藩」の自然や暮しに思いをはせました。
中でも井上ひさしさんが小説から起こしたという海坂藩の手書き地図(複製)がすばらしかったです。
大作家をここまで夢中にするのが藤沢文学なのだなと改めて感動しました。

鶴岡市立図書館では、館長さま、司書さま、ボランティアグループ“わらしべの会”さま・“温海絵本読み聞かせ隊ポッケ”さまに迎えていただきました。





特にボランティアのみなさまとは、互いに活動内容を具体的に紹介しながら、お話をさせていただきました。共通する悩みに共感しあたっり、自分たちとは異なる取り組む方を知ったりと、いくつかの方面で見識を広める事ができ、大変勉強になりました。
鶴岡市立図書館館長さま、図書館司書さま、「わらしべの会」さま・「温海絵本読み聞かせ隊ポッケ」さま、みなさまの貴重なお時間を頂戴し、大変ありがとうございました。深く感謝を申し上げます。



秋の紅葉が美しい月山道を超え、出かけた鶴岡。一日、楽しく充実した時間を過ごせました。
「来年は、岩手県紫波町のオガールに行きたいね」、、なんて話も出ておりました。

  


Posted by 図書館ボランティア「小荷駄のみどりから…」 at 18:40Comments(0)活動報告

2015年11月02日

私のおすすめ本の展示が行われています


読書の秋、みなさまはどうお過ごしでしょうか?

山形市立図書館本館の2階展示ホールでは、
11月15日(日)まで『私のおすすめの本』と題して、
図書館ボランティアや図書館にお勤めのみなさんのおすすめ本や
読書会の“こにだブックトーク”で紹介された本が展示されています。


では、ちょっとのぞいてみましょう。

こちらは、高齢者のみなさんと読みあいなどの活動をされている“ひだまりの会”さんのコーナー
読み聞かせなどにお使いの本が展示されており、
季節感やことばを大切にされている事がわかります。

こちらのコーナーのテーマは“親子でよみくらべる・たのしむ名作”。
同じ作品でも、結構表現の違いがあるそうです。
大人向けと子供向け、どんなふうに違うのか、興味がわきます!


こちらは、図書整理のあるボランティアさんのコーナー。
ご自宅から蔵書を持ってきていただきました。

大江健三郎がずらりと並び、読みごたえがありそうです。
本が本当にお好きなんだなぁと感じました。じっくり、落ち着いて読みたい本です。


“としょかんkids(子供向けの図書館広報誌)最新号”で紹介されている絵本もあります。
ワタシは写真手前左手にある「きゅっぱのはくぶつかん」が一番気になりました。
モノを集めるのが大好きな、かわいい丸太の男の子のお話です。
会場でも立ち読みできますので、ぜひ読んでみてください。




このほかにも、いろんな視点で選ばれた本が沢山展示されています。
自分が知っていたのとはちょっと違ったおもしろさが発見できるのでしないでしょうか。
ぜひお立ち寄りください。


  


Posted by 図書館ボランティア「小荷駄のみどりから…」 at 20:27Comments(0)「小荷駄のみどりから…」ご案内